北海道蘭越市街 米軍機?が低空飛行

蘭越市街 米軍機?が低空飛行
 町民「雷のような爆音」
  北海道新聞 06/18 05:00

【蘭越】6月7日午後、後志管内蘭越町の市街地上空を複数のジェット機が低空飛行していたことが6月17日、同町への取材で分かった。町は米軍機の可能性があるとみており、落下物などはなく被害も確認されていないが、必要に応じ関係機関に再発防止を要請する方針。

 町によると、6月7日午後1時半ごろ、ジェット機が3~4機、町の上空を北東から南西方向に飛行したという。航空法の最低安全高度は人口密集地では300メートル、それ以外では150メートルだが、米軍機は地位協定で航空法適用を除外されており、各地で低空飛行が問題となっている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック