低空飛行解析センター

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ブラウンルート」判明

<<   作成日時 : 2012/08/21 11:23   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

米軍の低空飛行訓練ルートのうち、唯一、米軍が公表していない「ブラウンルート」(中国地方)が、写真家・山本皓一さんの撮影画像の解析で浮かび上がりました。

 山本さんが、1993年夏に岩国基地内で撮影、「軍事同盟・日米安保条約」(クレスト社、1996年刊)に掲載したもの。フライトスケジュールを打ち合 わせている米兵の背後に訓練ルートが記された地図が張られ、「ブラウンルート」は7つの点で結ばれていました。訓練空域「エリア567」(中国地方の三角形)の記載も見えます。

 経緯線をたよりに地図と照合すると、西から@広島県安芸高田市の犬伏 山(791m) 付近、A広島県高野町の猿政山(1268m)付近、B鳥取県日野町(広島、岡山、鳥取県境の道後山(1268m)と毛無 山(1218m)の中間点)、C岡山県真庭市の湯原ダム、D岡山県鏡野町の恩原湖周辺、E鳥取と兵庫県境の氷ノ山(1510m)付近、F兵庫県の生野ダム--になります。位置の精度は数`以内と推定されます。

 Bについては見直し、「鳥取県日野町のJR黒坂駅付近」に修正します。

画像

写っていた地図に、低空飛行訓練ルートの書き込みが…

 悲鳴があがるほどの低空飛行が繰り返される、三次市立作木小学校の谷 は、ブラウンルートの入り口付近にあたるとみられます。コース上のどの地点でも目撃は多く、ブラウンルートには数十`もの幅があるようです。
 米軍機は予告もせず、自由自在に飛び回っているので、「このうえオスプレイなんて」と、怒りが強まっています。

 地図に、空中戦の訓練空域「エリア567」(三角形)とともに、ブラウンルート(推定)を載せてみると…
画像


グーグルマップを作成していただきました。
マップはこちらです。

米軍が公表したほかのルートはこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ブラウンルート」を兵庫県平和委員会が現地調査
中国山地を貫く米軍の低空飛行訓練ルート「ブラウンルート」。兵庫県平和委員会が毎年実施し、今年19回目を迎えた現地調査(10月20、21日)に同行した「しんぶん赤旗」の榎本好孝記者の現地ルポが掲載されました。 ...続きを見る
低空飛行解析センター
2012/11/21 08:27
米軍機が学校や保育所上空を低空飛行--ブラウンルートの広島県三次市作木町
学校などの上空を軍用機低空飛行したという新聞報道です。 中国地方のブラウンルートの入り口、広島県三次市作木町の谷筋を米軍機が飛びました。 -------------------------------- ...続きを見る
低空飛行解析センター
2012/11/21 08:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ブラウンルート」判明 低空飛行解析センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる